16
1月

インフルエンザ対策について

                                              事 務 連 絡
2019年1月
利用者ご家族様
ケアセンターcarenかれん
センター長 田中 一広
インフルエンザ対策について(お願い)

厳寒の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃より当施設の運営につきましては、ご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。
さて、全国的にインフルエンザの感染が拡大し、神奈川県でも流行注意報レベルを超える地域が多くなっています。
インフルエンザは、高齢者が感染すると肺炎を併発しやすく、慢性の肺疾患、心疾患、糖尿病、腎不全などの基礎疾患を有する方は重症化しやすいといわれております。施設内にウイルスが侵入してしまうと大勢の利用者が感染し、たいへん危険な事態になるおそれがあります。施設としても、未然に防止するよう徹底して取り組んでいるところでありますが、利用者ご家族様におかれましても、下記の点にご留意いただきたいと存じますのでお知らせいたします。
今後も皆様に安心してご利用いただけるよう努める所存でございますので、何卒ご理解をいただき、ご協力をお願い申し上げます。

【デイサービスの受け入れについて】
① ご利用の朝、必ずご自宅で検温を行い、有熱時は利用を控えるようにお願いします。
② ご家族に発症がある場合はお知らせください。ご本人に発症がなくても、罹患者と濃厚接触状況にあった場合には利用をご遠慮いただく場合もあります。
③ ご利用者様にインフルエンザの発症があるときは、発症翌日から7日間あるいは解熱後2日を過ぎるまでは利用をご遠慮いただきます。
④ サービス利用中に発熱や咳、くしゃみ、鼻水等の疑わしい症状があった場合、ご家族で病院受診をお願いいたします。インフルエンザと診断された場合は、医師の指示に従って、治療に専念してください。健康を回復されるまで、利用は中止とさせていただきます。
⑤ 利用を再開する際は、発症した日や症状、解熱した日をお知らせください。利用される際はマスクの着用をお願いしたします。

【デイサービスの営業自粛について】
① 利用者、職員に発症が続く場合には営業を自粛させていただく場合があります。
② 行政からの自粛要請があった場合は、営業を自粛させていただきます。

TOP